人工授精の流れ。方法と当日のスケジュールと妊娠率や費用のこと

アイキャッチ 人工授精

排卵日を狙ってタイミングをとっていてもなかなか授かれない場合は、「人工授精」を行うことがあります。

 

不妊治療をはじめても、「できるだけ自然な形で妊娠したい」と考える人は多いと思います。

 

「人工授精」は名前だけ聞くと、人の手が加わっている人工的なもののように思えますが、実際は自然妊娠に限りなく近い不妊治療のひとつです。

 

芸能人では、森三中の大島美幸さんが1回目の人工授精で妊娠したのが有名ですね。

 

鈴木おさむエッセイ「ブスの瞳に恋してる」妊活ダイアリー

 

 

人工授精(AIH)の方法

人工授精のイラスト

「人工授精」は、男性から採取した精液を洗浄濃縮し、直接子宮に注入する方法です。

専門用語で「AIH(配偶者間人工授精)」と言います。

 

配偶者が無精子症などで精子が採取できない場合は、第三者の精子を提供してもらう場合もあります。配偶者以外の精子を使って人工授精をすることを「AID(非配偶者間人工授精)」と言います。

 

私が通っている病院では、人工授精のことを「IUI(子宮内人工授精)」と明記しています。

これは、人工授精(AIH)の種類のひとつで、子宮内に精子を注入することを言います。

 

これに対して、子宮頸管に注入するときは「ICI(頚管内人工授精)」と呼ばれます。

 

「ICI」より「IUI」の方が妊娠率が高いので、多くの病院では「IUI(子宮内人工授精)」を採用していると思います。

 

 

 

どんな人に有効か

軽度の乏精子症や精子無力症

人工授精では、採取した精液をそのまま子宮に入れるのではなく、洗浄濃縮して子宮に注入します。

精子の洗浄濃縮イメージイラスト

 

洗浄することによって、動いていない精子や奇形の精子などを取り除くので、運動率や奇形率が多少改善されます。

 

 

頸管粘液不全

「頸管粘液(けいかんねんえき)」とは、おりもののことです。

普段は細菌の侵入を防いでくれたり、排卵日付近では粘り気が出て、子宮まで精子を運ぶ役割をしています。

 

この頸管粘液が不足していたり、良くない状態で機能しないことを「頸管粘液不全」と言います。

 

人工授精では、頸管を通り過ぎて子宮に精子を注入するので、頸管粘液不全の方にも有効です。

 

 

性行為障害

痛みや精神的な理由で性行為ができない場合でも、人工授精で妊娠することが可能です。

 

 

タイミング法で妊娠しない場合

特に不妊の原因がない場合は、まずタイミング法からはじめます。

 

年齢や病院の方針によって変わりますが、一般的にタイミング法を3〜6周期しても妊娠しない場合、人工授精に進むことが多いです。

 

 

 

人工授精のスケジュール

人工授精のスケジュールの一例

1.生理周期11日目くらいに診察

超音波で卵胞の大きをチェックし、排卵日を測定します。排卵日を特定するために、数回通院することもあります。

 

卵胞が20mmを超えていたら排卵間近なので、人工授精の日を決めます。

 

卵胞は1日に約2mm成長するので、例えば、生理周期11日目に18mmだったら、「翌日か翌々日に人工授精をしましょう」という感じです。

 

 

より確実に排卵させるために、人工授精の前日や当日に、hCG(排卵誘発剤)を注射することもあります。hCGを注射すると36時間後に排卵します。

排卵前に人工授精をして、体内で精子が卵子を待ち受ける形が理想です。

 

自宅で採精する場合は、このときに採精用のカップをもらって帰ります。

 

 

2.人工授精当日

人工授精当日のスケジュール一例

人工授精は排卵日の前日か当日に行います。

 

精子は当日、病院の採精室で採取するか、自宅で採取したものを女性が持参します。

 

自宅で採取する場合は、採取後3時間以内に病院に提出します。(病院によっては2時間のところも)

精子は熱や冷えに弱いので、カイロなどは使わず服の中に入れ、体温ぐらいの温度をキープして持ち運ぶようにします。

 

 

提出された精液は、1〜2時間かけて洗浄濃縮されます。

その間、女性はクリニックで待機か、ご飯を食べに行くこともできます。

 

 

順番が来て呼ばれたら、診察台にあがり、注入器で子宮に精子を注入します。

所要時間は1〜2分くらい。あっという間に終わります。

 

痛みはほぼなしです。

 

その後、診察台が上がったままの状態で、3〜5分ほど休んで終了です。

この日も、排卵を促すために hCG注射を打つこともあります。

 

 

私はいつも、夫も半休をとり、朝いっしょに病院に行って、病院で採精。

精子を洗浄している待ち時間に、ちょっと早めのランチを2人で食べて、夫はそのまま仕事へ。

私は、病院で精子を迎え入れる、という流れでした。

 

夫が軽度の乏精子症だったから、本人も気にして「より新鮮なものを!」と考え、病院で採精していました。

 

 

3.人工授精後の過ごし方

当日は入浴もできるし、出血がなければ性交も可能です。

 

卵管内に精子がたくさんいた方が妊娠率が上がるので、当日か翌日に、性交した方が妊娠の確率が高くなると言われています。

 

受精後、4〜7日目に着床するので、その時期は激しい運動を避けた方が良さそうです。

 

 

病院によるかもしれませんが、私が人工授精をしたときは、2日後から黄体ホルモンのお薬(デュファストン)を10日間服用しました。

 

飲み終わって3日以上たっても生理が来なかったら、妊娠の可能性があるので病院に来るように言われました。

 

人工授精の日から18日以上高温期が続き、生理が来なかったら妊娠の可能性があります。

 

 

 

人工授精の費用は1回1〜3万円

人工授精は保険適用外で全額自費になります。

病院によって金額は違いますが、だいたい1〜3万円が相場です。

 

人工授精実施前の卵胞チェックやhCG注射や薬の代金もかかってくるので、トータルすると1周期あたり2〜4万円くらいだと思います。

 

 

 

人工授精の妊娠率は5〜10%

人工授精の1周期あたりの妊娠率は5〜10%です。成功率はそれほど高くありません。

 

AIHを4周期以上行った累積妊娠率は、40歳未満で約20%、40歳以上で10〜15%である。

つまり、80%以上の不妊患者がAIHでは妊娠が難しい。また、妊娠例は、88.0%が4周期以内に妊娠する。

引用:日本産婦人科医会HP「栗林先生・杉山先生の開業医のための不妊ワンポイントレッスン」

 

 

日本産婦人科医会のホームページによると、4周期以上行ったときの妊娠率は、40歳未満で約20%、40歳以上で10〜15%とのこと。

 

 

健康なカップルはタイミングが合えば、1周期あたり約20%の確率で妊娠すると言われています。

そして、1〜2年のうちに約90%が妊娠しています。

 

その90%に入れなかった人が人工授精を受けることになるので、妊娠率が低いのはなんとなく納得です。

 

それでも、今まで全然ダメだったのに「4回以上すれば20%の確率で妊娠できる」って聞くとちょっと期待しちゃいますよね。

 

人工授精で妊娠した人の88%は4周期までに成功しています。それ以降は確率が上がらないので、5〜6回してもダメなら、体外受精へ進むことを考えます。

 

 

まとめ

人工授精は、頸管粘液不全や性行為障害には、とても有効で期待できます。

だけど、原因不明不妊で特に体に問題がない人は、あまり期待しないほうがいいんじゃないかな、というのが私の個人的な意見です。

 

もちろん人工授精で妊娠している人もたくさんいるので、挑戦してみることは大賛成です。

ただ、10回、20回と続けるくらいなら、思い切って体外受精を1回でもしたほうが確率は高くなると思います。

 

ただ、体外受精は金銭的にも肉体的にも負担が大きいので、「絶対したほうがいい」とは言い切れませんが…。

 

もし、人工授精をしようか迷っている方がいれば、人工授精は全然怖くないし、痛くもないし、自然妊娠とあまり変わらないので、気軽に挑戦してみてほしいです。