【図解】初期胚と胚盤胞のグレードの見方

卵の写真 体外受精

体外受精で胚移植をするときに、病院からもらう書類に「受精卵のグレード」が書かれています。

 

初期胚の場合は「グレード1」や「G1」など、胚盤胞の場合は「4BA」や「BL5BC」などと書かれていると思います。

 

はじめは受精卵の写真をもらっても、なんのこっちゃわかりませんでしたが、グレードの見方を覚えると受精卵の状態が自分でもわかるようになります。

 

この記事では、受精卵のグレードの見方をできるだけわかりやすく解説します。

 

基礎知識:受精卵の呼び方

受精卵の分割の流れ

受精から2〜3日目の胚(受精卵)を「初期胚(しょきはい)」と言います。

 

初期胚は、細胞分裂を繰り返して割球(分割した細胞)がどんどん増えていく状態。

 

その増えた割球がくっついて、ひとつの塊のように見える状態が「桑実胚(そうじつはい)」

 

桑実胚から中に空間ができて、「胎盤になる細胞」と、「赤ちゃんになる細胞」が分かれます。

これを「胚盤胞(はいばんほう)」と言います。

 

ポイント

受精卵のグレードの付け方は、初期胚と胚盤胞で異なります。

切り離して考えましょう。

 

 

初期胚のグレードの見方

初期胚のグレードは、フラグメント(細胞のかけら)と割球(分割した細胞)のバランスで決まります。

初期胚のグレードの見方

初期胚は、数字が小さくなるほど良い胚ということになります。

 

  • グレード1:フラグメントがなく、割球の大きさが均等
  • グレード2:フラグメントが少しあり、割球の大きさが均等
  • グレード3:フラグメントがなし、または少しあり、割球の大きさが不均等
  • グレード4:フラグメントが胚の半分まであり、割球の大きさは均等か不均等
  • グレード5:胚の大部分がフラグメントで覆い尽くされている

 

ほとんどの病院では、グレード3以上の胚が移植の対象となります。

 

初期胚の写真

 

 

胚盤胞のグレードの見方

胚盤胞のグレードは、胚の良し悪しではなく、発育の状態を表しています。

 

BL1〜BL6まで6段階あり、数字が大きいほど、成長していることになります。

つまり、BL1は桑実胚の次の段階の胚で、BL6は着床寸前の胚の状態です。

 

ちなみに、「BL」は「Blastocyst(胚盤胞)」の略です。

 

胚盤胞のグレードの見方

 

BL1では、胚の内側に「胞胚腔(ほうはいくう)」と呼ばれる、空間ができます。

 

この空間が半分以上になるとBL2、全体に広がるとBL3です。

 

「胞胚腔」が広がると同時に、細胞は「胎盤になる細胞(栄養外胚葉)」と「赤ちゃんになる細胞(内細胞塊)」のふたつに分かれます。

 

BL4では、胞胚腔がさらに広がり、透明帯(殻)が薄くなります。

 

BL5で透明帯をやぶり、孵化(ふか)がはじまります。

 

透明帯から完全に出てきた状態がBL6で、着床できる状態となります。

 

 

例えば、受精から5日目の胚がBL1だと、成長が遅いので妊娠率は下がります。

 

私の病院では、BL3以上が移植の対象になっているみたいです。

 

 

アルファベットによる評価の見方

胚盤胞の評価の見方

BL3以上の胚は、「胎盤になる細胞」と「赤ちゃんになる細胞」の見た目によって、A〜Cの3段階で評価されます。

 

Aは、細胞の数が多く最も良い状態です。

Cは、細胞が非常に少なく、あまり良くない胚です。

 

例えば、「赤ちゃんになる細胞」がAで、「胎盤になる細胞」がBのBL4の胚盤胞は、「BL4AB」と表記されます。

 

胚盤胞の写真

私は、過去7回の胚盤胞移植で、AAの評価がついた胚は1度だけでした。

 

「BL5AA」という、成長速度も申し分なく非常に良好な胚でも、着床しませんでした。

 

1度だけ着床したときの胚は、「BL4BB」でした。

 

CCは、私の病院では移植の対象にはなりません。

 

 

胚のグレードは参考程度に

妊娠するときは、子宮やホルモンの状態も影響しているので、良好な胚を移植すれば必ず着床するとは限りません。

 

グレードの低い胚でも、妊娠できたという話はよく聞きます。

そもそも、妊娠する可能性のない胚は移植しません。

 

グレードは良いに越したことはないけど、あまり気にせず、あくまでも参考程度と考えましょう。